マツダアクセラの主要諸元

ファミリアの後継モデルとして登場した、マツダアクセラの主要諸元は
ミッションはフロアの5AT、駆動方式はFFで乗車定員は5人です。
燃料のタンク容量は55Lで燃料供給装置は筒内直接噴射式。
他の車種と並んでいても見分けのつく特徴的なデザイン。
アクセラはかっこよくスタイリッシュ、その上運転しやすい車種と言えるでしょう。
マツダアクセラの主要諸元となるこれまでのシリーズでも
基本となっている走行性能を受け継いだ上に、
最新である環境技術も搭載されています。
環境認定は平成17年度基準で好評価の星4つ、
燃費基準達成は平成22年度の燃費基準よりもプラス25%達成など、
高い走行性ながら環境にも優しい車であると言えるでしょう。
この良好な燃費が実現できた理由は空力性能が向上したことと、
低転がり抵抗タイヤを採用したこと、
またエンジン再始動時の燃料の噴射量を今までの物よりも半減したことによります。
車としての性質を高めつつ、環境にも配慮するといった工夫が凝らされていますね。



結婚